・カテゴリー別、配信順に格納されています。
 ※ファイル名(.xls)をクリックするとガイドファイルがダウンロードできます。
 
・キーワードで検索する場合は、下記にキーワードを入力して検索してください。
  ・キーワードを一つだけ入力すると単一検索になります。
・複数のキーワードを入力して、
  キーワードの間を空白もしくはANDで区切るとAND検索になります。
  キーワードの間をORで区切るとOR検索になります。

   ※漢字や全角文字で構成される単語を入力した場合にヒットしない場合があります。
  例えばコンボと入力してもコンボボックスがヒットしない場合は
  コンボ* とか *ボックス あるいは *ボック*     で検索してみてください。
  *記号を使った前方一致、中間一致、後方一致検索ができます。
  ☆各カテゴリーのセルにリンクしています。 
ブック 保護 共有 印刷 セル セル書式 セルデータ ファイル
編集 関数 表示 基本 ワークシート ショートカット オブジェクト フォーム
データ ウィンドウ ツール ツール−マクロ ダイアログ 挿入 テンプレート グラフ

カテゴリー 内容の説明       ファイル名
ブック   ブックに読み取り専用設定をする/自分で作成したExcelファイルサーバーで共有すると、他の人がいろいろ操作できてファイルがおかしくなってしまうのがいやだなあと考えてるあなたに。 Excel2003  003ems.xls
ブックにパスワードを設定する/人事や給料等のナイショの情報をExcelで作成、自分のCドライブに保存しようか、サーバーはまずいけどある人とは共有したい。どうしたらいいんだろう?という方にはExcelの名前をつけて保存時、読み取りパスワードの設定をおすすめします。 Excel2003 002ems.xls
Excel2007/2010/2013 228ems.xls
ブック間リンク時のエラー対応策/ブック間リンクをしているファイルを開いたとき、「ファイルが見つかりません。」というエラーメッセージが出てきたことがありませんか?参照ファイルのフォルダ、ブック、シート名等が変わると、エラーメッセージが出てきます。これらは、参照元を指定し直すことで、対応できます。しかし、定義名やオブジェクトのリンクの場合、別途参照元を指定し直す必要があります。 Excel2003 064ems.xls
Excel2007/2010/2013 298ems.xls
簡単リンク削除でブックの再利用/Excel2002以降では、ブック間リンクの解除が、リンクしている数式を探さなくても、一括解除できるようになりました。別の用途に使いたいブックをコピーしてリンクを解除して再利用することが簡単にできます。 Excel2003 139ems.xls
Excel2007/2010/2013 375ems.xls
保護    Excelのリンクセル、ダブルクリック時の元セル表示不具合対応方法/Excelのシート保護時、他シート・ブックからリンクされているセルをダブルクリックすると、リンク元セルを表示してしまいます、システム上の不具合です。解決しましょう。 Excel2003 001ems.xls 
Excel2007/2010/2013 227ems.xls
シートを非表示にする/参照元となるデータ、数式などを集めたシートを他の人にいじられたくない場合、そのシートを表示しないという手がよく使われます。しかし、それだけでは完璧ではなく、簡単に再表示できてしまいます。さらに一歩踏み込んだシートを表示させない方法とは? Excel2003 004ems.xls
Excel2007/2010/2013 229ems.xls
シートを保護した時に数式を非表示にする方法/シートを保護することで、入力した数式が他人に消されたり改ざんされたりすることができなくなることは、皆様もご存知だと思います。では、その数式を見られたくない場合、表示しないようにする方法はご存知ですか?  Excel2003 118ems.xls
Excel2007/2010/2013 357ems.xls
 「ブックの保護」で元Dataを守ります/シート非表示とブックの保護を組み合わせることで、いじられたくない元Dataのあるシートを、他の人には触れないようにして守ることができます。  Excel2003 160ems.xls
Excel2007/2010/2013 385ems.xls
共有 ブックを共有する/共有しているExcelブックを開く時、他の人が先にそのブックを開いていると、【使用中のファイル】というタイトルのメッセージが表示されます。他人が閉じるまで編集できず、待たなくてはいけないし、イヤですね。今回は、ブックを共有する方法です。 Excel2003 005ems.xls
Excel2007/2010/2013 230ems.xls
印刷   行(列)をタイトルにして印刷/白黒印刷/表を印刷する時、2枚目以降がこの値はどの項目だろう?と思うような印刷がされていることがありませんか?項目が全ページに印刷されていると、見やすいですよね。今回は、色づけされたシートを白黒のみで印刷する方法とあわせてご紹介します。 Excel2003 006ems.xls
Excel2007/2010/2013 231ems.xls
シートにページNOを自動的につける/シートに番号をふる際、シートに直接ページを入力すると、設定後にデータを追加/削除や改ページをすると、番号が狂ってしまいますよね。今回はそのような場合でも、自動的にページ番号が更新される方法のご紹介です。これでページ設定に関する悩みは解決です。 Excel2003 010ems.xls
Excel2007/2010/20130 235ems.xls
文章やオブジェクトの一部を印刷させない方法/指定したエリアのみを印刷したい、もしくは指定した行(列)を印刷したくない時ってありませんか?または、シートに貼り付けてあるオブジェクトを印刷したくない、なんてこともあるのではないでしょうか?今回はこれらの方法のご紹介です。 Excel2003 037ems.xls
Excel2007/2010/2013 274ems.xls
表示画面と印刷画面/Excelで作った表などを印刷したとき、なぜだか表示された画面のまま印刷されていないということがありませんか?次のページにはみ出てしまったり、文字が途切れてしまっていたり。それらを解決し、印刷に失敗しないコツをご紹介します。 Excel2003 046ems.xls
Excel2007/2010/2013 283ems.xls
印刷範囲の自動設定/データがある数をカウントして、その分を印刷範囲とする方法です。 Excel2003 089ems.xls
Excel2007/2010/2013 323ems.xls 
改ページ/改ページプレビューは、シートを印刷されたときの状態で表示する、編集用の表示です。改ページ位置を左、右、上、または下にドラッグして移動でき、自動的にシートが拡大及び縮小され、行と列がページにあわせられます。  Excel2003 094ems.xls
Excel2007/2010/2013 326ems.xls 
印刷ボタン-ツールバーを整理して誤操作を防ぐ/ツールバーの「ボタンの表示/非表示」から誤操作の対象となる「印刷」ボタンを非表示にることで、余計な印刷物を減らすことができます。 Excel2003  162ems.xls
ページ設定のオプション/印刷の 「ページ設定」⇒「シート」タブ⇒「印刷」カテゴリ で設定できる機能についてまとめてみました。これらの機能をご活用されている方も大勢いらっしゃると思いますが、是非ご参考にして下さい。  Excel2003  195ems.xls
Excel2007/2010/2013 405ems.xls 
ページ設定--拡大縮小印刷の設定で印刷ページ数を制御/データ数が非常に多いシートを印刷する際でも、「ページ設定」ダイアログの「ページ」タブ内の項目を上手く設定することで、見やすい印刷物にする方法をご紹介します。  Excel2003 161ems.xls
Excel2007/2010/2013 386ems.xls
セル  セルデータをリンクするなんといってもExcelの便利3大機能といえるほどの機能です。セルデータのセル、オブジェクトリンクは、情報をセルや様々なオブジェクトとリンクできます。1つのデータが何回も利用できます。また、元データを変更すればリンクした先が全て変更されます。修正時とても便利! Excel2003 007ems.xls
Excel2007/2010/2013 232ems.xls
セルの表示形式をユーザー設定する/見積書を作成するとき、値に「〜式」と入力すると、計算ができなくなってしまいます。これは困りますよね。しかし、表示形式を定義すれば解決します。作り方のちょっとしたルールを覚えるだけでできますので、難しくありません。 Excel2003 013ems.xls
Excel2007/2010/2013 238ems.xls
表示形式 Excelの日付の仕組/セルに日付を入力したときに変な数字が出てきたことがありませんか?これはシリアル値というものが関係しています。そこで日付の仕組に関するご紹介です。シリアル値がわかれば、日付表示の仕組も簡単です。 Excel2003 014ems.xls
Excel2007/2010/2013 239ems.xls
セルを指定して右クリック/セル上で右クリックをするとメニューがいろいろと出てきます。切り取りやコピー、貼り付けは使ったことがあるけど、他のメニューを使ったことがないという方のために[リストから選択]と[ハイパーリンク]機能のご紹介です。 Excel2003 015ems.xls
Excel2007/2010/2013 240ems.xls
コメント機能/Excelのコメント機能をご存知ですか?表現が豊かになり、共有相手がよりわかりやすくなる機能です。仕様書の参照項目やプレゼンテーションで強く表現をする時など、コメント機能で表示してはいかがですか?今回はそのコメントの書式設定方法をご紹介します。 Excel2003 016ems.xls
Excel2007/2010/2013 241ems.xls
「=A1」というような、参照しているセルをコピーすると、参照先のセルが自動的に変更されます。この時、この参照先を変更させたい時と固定させたい時とがありますよね?コピーした時の参照先の行や列、セルの変更や固定を設定する方法のご紹介です。 Excel2003 021ems.xls
Excel2007/2010/2013 246ems.xls
今日の日付から計算して、前月、今月、翌月と表示させる表を作りたいことってありますよね。しかし翌月を表示させようとして今日の日付に30を足しても、当月のままになってしまうことがあります。今回は数式を使い、翌月や翌年を表示させる方法のご紹介です。 Excel2003 022ems.xls
Excel2007/2010/20130 247ems.xls
期間の計算時にとても便利な関数のご紹介です。これを使えば、例えば年齢を計算する際も、うるう年などの複雑な計算をする必要もなく簡単にできてしまいます。今回ご紹介するDATEDIF関数を、ぜひご活用ください。 Excel2003 025ems.xls
Excel2007/2010/2013 251ems.xls
入力規則第一弾/リストからの入力セルにデータを入力したい時、一覧から選択して入力する方法、更には、一覧以外の値を手入力する方法をご紹介します。Excelのデータを、データベースとして利用する時に必須ですよ。今回は入力規則の機能にて、値を一覧から選択する方法を使用します。  Excel2003 038ems.xls
Excel2007/2010/2013 275ems.xls
入力規則第二弾/コード設定していく時など、値が重複して入力されないように、チェックする必要があります。この重複入力をチェックするプログラムは、入力規則機能に関数を組み合わせて簡単に設定できます。これで、入力のミスを一つ減らすことができますね。 Excel2003 039ems.xls
Excel2007/2010/2013 276ems.xls
入力規則第三弾/他の関数を使った事例6種類のご紹介です。文字列の長さや期間のチェックも、関数を使って制御ができます。もちろん、複数の条件を制御することもできます。 Excel2003 040ems.xls
Excel2007/2010/2013 277ems.xls
セルの幅を入力値の幅に合わせる方法や、セル内で改行する方法の紹介です。ご紹介する方法で、セルの値をより見やすくしましょう。なお、セル内改行したセルを他にコピーした時など、改行の表示がおかしい事があります。その直し方も紹介します。 Excel2003 045ems.xls
Excel2007/2010/2013 282ems.xls
セルの書式設定のうち、セルの処理最大桁数について、文字の配置について、下線と下線(会計)の相違点、そして罫線の構造についての計4点のご紹介です。数字の表示は、15桁までとなります。それ以降は、自動的に0となります。罫線を指定したセルをコピーして張り付けると、罫線もコピーされますが、罫線を指定したセルに隣接するセルをコピーして貼り付けても、罫線はコピーされません。 Excel2003 065ems.xls
Excel2007/2010/2013 299ems.xls
ワークシート分析/[ワークシートツールバー]は、セルの参照元や参照先を矢印で表示してくれる機能です。計算式を多用している場合等に、この機能を使うことで、ひと目で参照を確認できます。メニューバーの[ツール]→[ワークシート分析]→[[ワークシートツールバー]の表示]を選択します。参照したいセルを選択後、参照元や参照先をトレースします。無効データのマークでは、シート内の入力規則で設定した制限外の値を参照します。 Excel2003 067ems.xls
Excel2007/2010/2013 301ems.xls
郵便番号辞書の使い方/IMEの郵便番号辞書機能を使うと、郵便番号を入力して変換するだけで、該当する住所を選択でき、文字入力の手間を大幅に削減することができます。 Excel2003 069ems.xls
Excel2007/2010/2013 303ems.xls
ExcelからEメールを作成する/Excelのハイパーリンク機能の応用として、Eメールを作成する方法をご紹介します。Eメールの宛先だけでなく、CCや件名、そして本文までもExcelにて作成することができます。 Excel2003 077ems.xls
Excel2007/2010/2013 312ems.xls
インデント/文字列を左端から揃える際に使用します。わざわざ左端から何文字分かのスペースを入れて揃える方法を使わなくても、この設定を使うことで一度に文字列をそろえる事ができます。 Excel2003 088ems.xls
Excel2007/2010/2013  322ems.xls
入力後のセルを移動する方向/Excelで入力をしていて、Enterキーを押したら右方向にいってほしいのに、下方向に行ってしまうので入力が面倒くさいということがありませんか?この移動方向は設定できるのですよ。また、入力範囲を指定することで、移動範囲の指定もできます。 Excel2003 099ems.xls
Excel2007/2010/2013 331ems.xls
書式の設定方法のコツ/背景に色をつける時のちょっとしたコツを二つご紹介します。一つ目は、色をつけてもファイルのサイズが増えないコツです。二つ目は、色をつけた部分の切り取りを行っても、切り取った部分の色がなくならないコツです。 Excel2003 114ems.xls
Excel2007/2010/2013 352ems.xls
セル内の最大表示文字数について/Excelでは、セルに表示できる文字数に制限があります。ご存知ですか?それは1024文字で、それ以上の文字はセルには表示されません。例えば、Excelで日報のフォームを作った場合、報告欄をひとつのセルにして大きくすると、1024文字を超えてしまう可能性があります。各行ごとで結合させるようにしておきましょう。 Excel2003  140ems.xls
セルのリスト化で大項目/小項目と連動/セルをリスト化して使う時に、大項目の内容で次に選択する小項目の内容を自動的に変化させることができます。リスト元のデータ大項目とそれに準ずる小項目に定義名をつけて、連動する小項目の名前をINDIRECT関数で再定義させるようにします。  Excel2003  141ems.xls
Excel2007/2010/2013 376ems.xls
必要以上な書式設定を削除してファイルを軽くする/セルの書式設定をしすぎて、クリアしてもファイルは重いまま、縦スクロールバーのつまみも小さくなったまま、これをすっきりさせましょう。書式設定しすぎた不要なセルを、行ごと削除、又は「編集」のクリアから処理を実行して保存しなおします。 Excel2003  143ems.xls
Excel2007/2010/2013 377ems.xls
表示セルだけコピーして張り付ける/非表示の行や列を無視して、表示している内容のみをコピーして張り付けることができます。コピー元範囲を選択して、「編集」の「ジャンプ」から、「セル選択」の「選択オプション」で「可視セル」にチェックを入れることで表示されている内容だけをコピーすることができます。 Excel2003  147ems.xls
「名前の定義」の中の「参照範囲」で範囲名が使えます。これを利用して範囲を条件に応じて変更することができます。  Excel2003  169ems.xls
Excel2007/2010/2013 390ems.xls
十字キーをダブルクリックで一発入力/セル選択時の黒十字キーをダブルクリックで入力基準セル分だけ即入力します。  Excel2003   197ems.xls
Excel2007/2010/2013 422ems.xls
ファンクションキー--[F4]キーで繰返し挿入/[F4]キーで絶対参照と相対参照の設定変更ができるのと、行列の挿入や削除を繰返し実行できる機能二つの紹介です。 Excel2003/2007/2010/2013  201ems.xls
並び替えを利用して、連続データの間に空白行を入れる/連続した大量のデータの、行と行の間を任意の行数分空白にしたい時、手作業で行を挿入していくのはとても大変です。この行の挿入の代わりに、並び替えの機能を利用した方法をご紹介します。  Excel2003  220ems.xls
Excel2007/2010/2013 416ems.xls
セル書式   カレンダーを作成するとき、土曜日は青、日曜/祝日は赤というように、色が自動的に変わる。こんなことも、Excelでは簡単に設定できます。今回ご紹介する条件付き書式の機能を使えば、表現方法がまた一つ豊かになります。 Excel2003 032ems.xls
Excel2007/2010/2013 269ems.xls
条件付書式設定応用編第一弾/Excelの集計表等で、表の罫線を引いて、データを表示、印刷する時データの量が少ないと印刷時に余分な罫線が印刷されます。そんなことを気にしないで、データのある部分のみ罫線が引けるという設定が可能です。 Excel2003 041ems.xls
Excel2007/2010/2013 278ems.xls
条件付書式設定応用編第二弾/応用事例。今回は、Excelを使ってプロジェクト管理表を作成する方法のご紹介です。開始日と終了日を入力すれば、該当する期間のセルの色が変わり、一目でプロジェクトの期間を知ることができます。Excelで、進捗状況を管理してみましょう。 Excel2003 042ems.xls
Excel2007/2010/2013 279ems.xls
条件付書式設定応用編第三弾/今回は条件付き書式の機能を活用し、予実管理表を例として、@次に入力すべきセルの色が変わるA達成率によりセルの色や書式が変わるという二つの方法をご紹介します。この方法で、より入力しやすく、より見やすい表を作成しましょう。 Excel2003 043ems.xls
Excel2007/2010/2013 280ems.xls
テキストボックスやオートシェイプに絵を挿入する方法は、表現力アップに非常に役立ちます。画像を取込、好きな場所へ、好きなサイズにできます、思い通りのデザイン可能です、又、ファイルサイズもビットマップを貼るよりもずっと小さくなります。 Excel2003 053ems.xls
Excel2007/2010/2013 287ems.xls
オートシェイプに文字を挿入する方法/「基本図形」や「ブロック矢印」などに文字を挿入すれば、表現がより豊かになります。しかも、その挿入する文字は、指定セルの値にリンクすることもできます。 Excel2003 054ems.xls
Excel2007/2010/2013 288ems.xls
ふりがな/ふりがなを表示する場合、同一セルに漢字の箇所のみふりがなを表示する方法と、他のセルにすべてのふりがなを表示する方法があります。前者は書式の設定にて、後者は関数にて対応できます。今回はふりがなを表示する方法のご紹介です。 Excel2003 082ems.xls
Excel2007/2010/2013 317ems.xls 
時間の計算/指定した日の曜日を表示するには、二通りの設定方法があります。二つの方法での曜日の表示の仕方と、時間の合計を計算するための、表示の設定方法のご紹介です。 Excel2003 093ems.xls
立体的に見せる/オブジェクトに影をつけたり3-Dで表示する方法のご紹介です。さらには、セルに色を塗り、線を引くだけでそのセルが立体的になる方法もご紹介します。 Excel2003 097ems.xls
Excel2007/2010/2013 330ems.xls
セルの書式設定とフォントの変更で逆さ文字を作る/会議の席辞表等で対面する表を作成したりする時に文字を逆さまにすることができます。セルの書式設定のフォント名で名前の前に@マークを入力し、文字の配置で回転角度を90にします。 Excel2003/2007/2010/2013 146ems.xls
セルの書式設定で自由な結果表示/[セルの書式設定]の[ユーザー定義]で、個々のセルの数値を、表示したい形で出すことができます。[セルの書式設定]から[ユーザー定義]を選択し、数値表示のための書式を入力します。 Excel2003/2007/2010/2013 148ems.xls
罫線の色とスタイルでアクティブセル位置をはっきりと/セルの色に灰色等薄めの色設定にして、さらに二重線に設定すると、アクティブになった時に際立って入力位置が分かりやすくなります。  Excel2003  154ems.xls
Excel2007/2010/2013 381ems.xls 
「ふりがな」を書式設定で自在に変更/PHONETIC関数の変換元を選択して「書式」から、「ふりがな」の「設定」で種類を選択して「OK」するだけで、「ふりがな」は自動変換されます。  Excel2003  159ems.xls
Excel2007/2010/2013 384ems.xls 
「書式」の「条件付書式」に「MOD関数」と「ROW関数」を組み合わせた式(奇数列/偶数列を判別させる)を入力して、書式を自動変換します。  Excel2003  166ems.xls
Excel2007/2010/2013 388ems.xls 
時間合計を取りたいセルで、「セルの書式設定」の「表示形式」から「ユーザ設定」を選択し、「[h]:mm」と入力すれば24時間を越えた合計時間が計算できます。 Excel2003/2007/2010/2013 168ems.xls
日付の表示形式@/曜日を表示したい・和暦で表示したい等、日付の表示についてお困りになったことはありませんか?日付の表示形式についてご紹介します。 Excel2003/2007/2010/2013  174ems.xls
日付の表示形式A//Excelでよく利用される機能の「セルの書式設定」で多国語にどのように対応されているのかをご紹介します。 Excel2003/2007/2010/2013  175ems.xls 
シートの背景/シートの背景を設定するには、メニューバーの[書式]→[シート]→[背景] にて、背景にしたい画像を選択します。  Excel2003  177ems.xls
Excel2003/Excel2007/2010 394ems.xls
金額の表示単位を変える/大きな金額を扱うときは「千円単位」で表示したい、と思うことがよくあると思います。皆さんその時はどうしていますか?セルの書式設定を使って簡単に単位を変える方法をご紹介します。 Excel2003/2007/2010/2013  186ems.xls
「条件付き書式」を使用して、2行や5行おきに色を付ける方法/今まで見ていたセルが何行目にあるのか分からなくなったことはありませんか?そのようなときは、この方法で色をつけてみてはいかがでしょうか。  Excel2003  194ems.xls
Excel2007/2010 404ems.xls
上付き/下付きで特殊表示/書式設定の文字飾りを設定することで登録商標や元素記号、乗数が表示できます。 Excel2003/2007/2010/2013 198ems.xls
選択したセル内の文字に合わせて列の幅を変更/列の幅を変える際に役立つテクニックをご紹介します。列幅を変更する時に、列全体を選択してダブルクリックすると、列の幅が広がり過ぎてしまった経験はありませんか?今回の方法を使えば、列幅の広がりすぎをふせぐ事ができます。  Excel2003 224ems.xls
Excel2007/2010/2013 419ems.xls
「条件付き書式」の新機能/Excel2007で条件付き書式が変わり、視覚的にも機能的にも多くの要素が 追加されてとても便利になりました。今回は条件付き書式の変更点と新機能をご紹介します。 Excel2007/2010/2013 217ems.xls
「条件付き書式」のExcel2010新機能/条件付き書式の機能はExcel2007で大きな変更・追加がありましたがExcel2010でも条件付き書式の新しい機能が少し追加されています。  Excel2010/2013 425ems.xls
 リアルタイムプレビュー/Excel2007からの新機能をご紹介します。書式を選んでいる時点で選択結果が表示される便利な機能です。この機能を使いこなすと、書式を変えた後にイメージが違ったので再び設定し直す、などの手間が省けます。 Excel2007/2010/2013 254ems.xls
セルデータ  Excelの表の方には出てきていないのですが、選択したセルの写真を撮り、任意の場所に貼り付けることができる「カメラ機能」のご紹介です。もちろん、参照元セルの値や書式等が変更も反映されますよ Excel2003 055ems.xls
Excel2007/2010/2013 289ems.xls
データを指定した順に並べ替える方法/数値順、アルファベット順、かな順、そして日付順といったものを、昇順/降順に設定できます。また、並べ替えの条件は、複数設定できます。  Excel2003  084ems.xls
Excel2007 262ems.xls
Excel2010/2013 319ems.xls 
ファイル  ブック・シートを送信する/開いているExcelブックもしくはシートがそのままメールできる!そんな使えるととても便利な機能のご紹介です。これでメーラーを開き、当該ファイルを探し、添付するなどという面倒なことは不要です。シートに貼ったオブジェクトも送信でき、いろいろ使えます。  Excel2003  008ems.xls
Excel2007/2010/2013 233ems.xls
Webページとして保存/表やグラフをWeb化でき、ブックに複数のワークシートがあってもOKです。HTML形式のファイルに保存したときに、ファイル名と同じフォルダが自動的に作成され、保存されます。 Excel2003 083ems.xls
Excel2007/2010/2013 318ems.xls 
ファイルを開く時のツール機能とプロパティ/〔プロパティ検索〕は「ファイル」−「開く」を選択して、ダイアログボックスの中の「ツール」−「検索」を選択します。〔ファイルのプレビュー〕は「ファイル」−「開く」を選択してファイルを指定します。「表示ボタン」から「プレビュー」を選択します。 Excel2003 109ems.xls
Excel2007/2010/2013 349ems.xls
ファイルのプロパティ/ファイルのプロパティについてご紹介します。ファイルのプロパティには、会社名や作成者名が入っています。個人情報の流出を防ぐためにも、他の人にファイルを渡すときにはチェックする習慣をつけましょう。  Excel2003  199ems.xls
Excel2007/2010/2013 406ems.xls
編集      Excelを文書作成で使う@Excelを上手に使いこなせれば、こんなに簡単に、そして体裁良く文書作成ができるのです!!今回は、文書作成をExcelでやってみよう、という内容です。Excelでは文書作成がうまくできないと思っていたあなた、そう思わずにぜひこれらの機能を試してみてください。 Excel2003 009ems.xls
Excel2007/2010/2013 234ems.xls
Excelを文書作成で使うA ”&と文”/皆様の会社の契約書は、何で作成していますか?Wordですか?契約書を例とし、Excelで文書を作成する方法、そしてそのコツをご紹介します。とても効率的に作成、修正ができます。理由は次の通りです。 Excel2003 044ems.xls
Excel2007/2010/2013 281ems.xls
書式のコピー/セルをコピーして貼り付けという作業は、Excelでよく行いますよね。実はこの貼り付けには、いくつかの種類がある事をご存知ですか?書式だけを貼り付けるとか、行列を入れ替えて貼り付けるとか。今回は、形式を選択して張り付ける方法のご紹介です。 Excel2003 047ems.xls
Excel2007/2010/2013 284ems.xls
シートやセル、そしてオブジェクトを、一括指定する方法のご紹介です。特にオブジェクトに定義名をつけておくと、複数オブジェクトの選択をする際に、とても選択しやすくなります。 Excel2003 063ems.xls
Excel2007/2010/2013 297ems.xls
検索/シート内の値を検索する場合、編集の検索機能を使用します。選択シート内にて、検索したい文字列を指定するもので、この機能を使うことで、指定する値の検索が瞬時にできると同時に、見落としがなくなります。 Excel2003 078ems.xls
Excel2007/2010/2013 313ems.xls 
置換/選択シート内の検索した値を、別の値に置換するときに使うものです。 Excel2003 079ems.xls
Excel2007/2010/2013 314ems.xls 
可視セルのみをコピーする方法/表の中で、非表示にした内容は他人には見せたくないですよね。しかし、その表をコピーすると、非表示になっている内容がコピー先に表示されてしまいます。そこで、表示されている内容のみをコピーする方法をご紹介します。  Excel2003  119ems.xls
Excel2007/2010/2013 358ems.xls 
表示画面と印刷画面を使い分けるテクニック/画面で見たときは見やすかったのだけど、いざその画面を印刷すると分かりづらい、そんな経験はありませんか?そこで、表示されている画面、そして印刷されたもの両方が見やすく使いやすくするテクニックのご紹介です。  Excel2003  133ems.xls
Excel2007/2010/2013 371ems.xls 
セルやオブジェクトを図としてコピーする/「画面コピー」をご存知の方は多いと思いますが、指定したセルやオブジェクトを図(ピクチャ)としてコピーする方法はご存知でしょうか?  Excel2003  179ems.xls
Excel2007/2010/2013 395ems.xls 
[ジャンプ] 機能/[ジャンプ] 機能の [選択オプション] 画面を使用して、指定した条件に合ったセルをまとめて選択する方法のご紹介です。セルを指定する条件についての留意点なども、合わせてご説明しています。  Excel2003  221ems.xls
Excel2007/2010/2013 417ems.xls 
クリップボードの作業ウィンドウを表示させない/データのコピーを行う度に、画面右側に[クリップボード] の作業ウィンドウが表示される時、使用しない場合は画面も狭くなりわずらわしいですね。そこで今回は、[クリップボード] の作業ウィンドウを自動で表示しないようにする設定をご紹介します。  Excel2003  223ems.xls
Excel2007/2010/2013 418ems.xls 
関数            複数の条件で集計SUMIF/この関数は、売上表の中である支店の1ヶ月分の受注合計だけを出したい、というように、表の中である条件に一致したものの合計を計算するときに用いる関数です。 Excel2003 011ems.xls
Excel2007/2010/2013 236ems.xls
256ems.xls
検索機能 VLOOKUP/VLOOKUP関数は、検索関数の中でも非常に便利で使用頻度が高い関数です。例えば、表の中から受注コードを入力するだけで、その得意先名や受注金額などのデータを検索させる場合に使われます。これであなたもシステム専門家の仲間入り! Excel2003 017ems.xls
Excel2007/2010/2013 242ems.xls
数式や関数といった計算結果が正しく求められないとき、「#DIV/0!」や「#N/A」といったエラー値が表示されます。今回はこのエラー値を、IF関数とISERROR関数を組み合わせて使うことで、表示させないようにする方法のご紹介です。 Excel2003 019ems.xls
Excel2007/2010/2013 244ems.xls
複数の条件を満たすかどうか調べたい。このような場合は、AND関数やOR関数を使います。条件を満たす場合は「TRUE」を、そうでない場合は「FALSE」を返し、これらの関数は一般的にIF関数と組み合わせて使われます。 Excel2003 023ems.xls
Excel2007/2010/2013 248ems.xls
表の検索や集計をするとき、非常に便利なのがワイルドカードです。これを使うと、検索の対象を広げたり、あいまいな条件で検索を実行することができます。ワイルドカード文字「? (疑問符)」、「* (アスタリスク)」それぞれの活用方法のご紹介です。 Excel2003 024ems.xls
Excel2007/2010/2013 249ems.xls
Excelのコンボボックスを使ったことがありますか?データを一覧から選択するときに使うもので、とても便利な機能です。これにINDEX関数を組み合わせると、データの一覧から選んだ値の明細までもが表示でき、本格的プログラムの第一歩です。 Excel2003 027ems.xls
Excel2007/2010/2013 255ems.xls
セルに数式を設定すると、参照元に値が入っていない場合や、エラー値が帰ってきてしまう場合があります。こういったものを表示させないようにするには、条件を判断するためにIF関数を使います。 Excel2003 033ems.xls
Excel2007/2010/2013 270ems.xls
シートの特定セルの値をとる「INDIRECT」/各シートごとに分かれている各月の明細を、ひとつの集計表として作成する方法のご紹介。その集計表を作成するとき、「INDIRECT関数」を使うと、セルをフィルするだけで、各月の合計表を簡単に作成することができます。 Excel2003 057ems.xls
Excel2007/2010/2013 291ems.xls
TEXT関数/日付が入力されているセルを参照しようとして、「=(日付が入力されているセル)&"です。"」と設定すると、表示がシリアル値になってしまいます。この表示形式を自分で設定したい場合、今回ご紹介する「TEXT関数」を使うと、一発で解決します。 Excel2003 059ems.xls
Excel2007/2010/2013 293ems.xls
MID関数/文字列の右や左端から指定した文字数を取得する場合は、LEFT関数やRIGHT関数で取得できますね。文字列の指定した位置から任意の文字数を取得する場合は、MID関数を使用します。そこで、シート名をMID関数を用いて取得する方法のご紹介です。 Excel2003 060ems.xls
Excel2007/2010/2013 294ems.xls
LEN、LEFT、RIGHT関数/今回は、住所のデータを、都道府県の「住所1」と、それ以降の「住所2」とを、関数を使って分ける方法のご紹介です。 Excel2003 062ems.xls
Excel2007/2010/2013 296ems.xls
SEARCH関数/SEARCH関数は、文字列の中から指定した文字が何文字目にあるかを検索する関数です。例として、住所から都道府県を抽出する方法をご紹介しています。 Excel2003 080ems.xls
Excel2007/2010/2013 315ems.xls 
MATCH関数/この関数は範囲の中で検索値の位置を調べるための関数です。INDEX関数と組み合わせることで、例えば製品の機能と種類がある表から、結果を出すことができます。 Excel2003 102ems.xls
Excel2007/2010/2013 335ems.xls
342ems.xls 
FIND関数/特定の文字列の中から、指定した文字列の位置を求める場合、FIND関数を使います。今回は、「営業部第一課」というデータの、部と課を分けることを例にご紹介します。 Excel2003 103ems.xls
Excel2007/2010/2013 343ems.xls
CONCATENATE関数/例えば社員データで、「氏」と「名」が別々になっており、これらを「氏名」として別のセルに表示したいということはありませんか?このように、複数のセルにある文字列を結合する方法のご紹介です。 Excel2003 105ems.xls
Excel2007/2010/2013 345ems.xls
SUMPRODUCT関数/配列の対応する要素間の積をまず計算し、さらにその和を返す関数。商品の単価と数量、そして割引(%)がある表にて、それぞれの積を求め、さらにその積の和を求めるといった2段階の計算をしなくても、SUMPRODUCT関数なら1回で計算できます。 Excel2003 106ems.xls
Excel2007/2010/2013 346ems.xls
AVARAGE/MAX/MIN関数/この3種類の関数は、それぞれ次の結果を返す関数です。
AVERAGE関数・・・指定範囲の平均値
MAX・・・指定範囲の最大値
MIN・・・指定範囲の最小値
3つの関数ともに、引数に数値の範囲を指定することで、求めることができます。引数は、最大30個まで指定できます。
Excel2003 107ems.xls
Excel2007/2010/2013 347ems.xls
RANK関数/この関数は順位を求めたい数値、範囲、そして順序を指定することで求めることができます。例えば、各営業担当者の売上実績金額がある表の場合、この関数で順位をすぐに求めることができます。 Excel2003 108ems.xls
Excel2007/2010/2013 348ems.xls
アクティブシート名を取り出す関数/資料作成時に、「この○○シートを参照して下さい」と表示したいが、シート名が変わると、参照先のシート名の表示も変えなければなりません。しかし[CELL関数]を使用することで、その悩みを解消することができます。[CELL関数]は「CELL(検査の種類、対象範囲)」と指定します。検査の種類には様々な物があります。今回は、「パス名、ファイル名、シート名」を取り出す「filename」を使用します。対象範囲は、情報が必要なセルを指定します。 Excel2003  110ems.xls
消費税計算ROUND関数/見積書などを作成する際に、消費税の値が整数値で表示されないことがあります。この関数は、桁数を指定して四捨五入することが出来るので、消費税の値を常に整数値で表示することが出来ます。 Excel2003 113ems.xls
Excel2007/2010/2013 353ems.xls 
SUBTOTAL関数/オートフィルタでデータを抽出し、その合計を求める際にSUM関数を使用すると、抽出されたデータ以外のデータも計算されてしまいます。こういう場合は、SUBTOTAL関数を使用することで、抽出されたデータだけを集計することができます。  Excel2003  117ems.xls
Excel2007/2010/2013 356ems.xls 
DATEDIF関数で期間計算らくらく/社員名簿の年齢管理やクレーム問合せ等の処理期間管理をDATEDIF関数で自動計算処理。期間スタートセルと期間終了セルを設定して、DATEDIF関数を所定のセルに書き込むだけ。 Excel2003  142ems.xls
集計関数や検索関数でアスタリスク(*)を使う/SUMIF関数やVLOOKUP関数でアスタリスクを使うことで特定した集計をしたり、文字の一部でアバウトな検索をすることができます。集計関数の検索条件や検索関数の検索値にアスタリスク(*)をアンパサンダ(&)でつないで使用します。 Excel2003/2007/2010/2013 145ems.xls
SUMIF関数で検索条件に「<」「>」を使うことで、さらに複雑な合計ができますSUMIF関数の検索条件部分を別のセルにリンクさせて、条件だけを入力するセルを作り、「<」「>」を組み合わせて条件を作成します。 Excel2003/2007/2010/2013 149ems.xls
SUMIF関数は長い数値の検索条件を使うと正確な計算ができませんが、検索条件部分(検索する「範囲」と「検索条件」)に区切り文字を追加すると、正確な計算ができます。 Excel2003/2007/2010/2013 150ems.xls
名前の定義に「INDEX」関数を使い、カメラ機能で「図」を作成、関連付けすることで、使いたいフォントをリスト選択でそのまま使うことができます。    151ems.xls
Excel2007/2010/2013 379ems.xls
SEARCH関数でスペースの位置を数えることで苗字と名前の間のスペースを見て、違うセルに分けて表示することができます。 Excel2003/2007/2010/2013 152ems.xls
SUBTOTAL関数の引数にあたる数値を、リストで選択した値で、VLOOKUP関数を使い所定のセルに表示させた引数を参照させることで、集計の内容を変化させます。  Excel2003  153ems.xls
Excel2007/2010/2013 380ems.xls
会社の営業月に合わせた「年度」を自動表示/営業月始と営業月末を確定して、当月をMONTH関数で、当年をYEAR関数で取得。IF関数を使って会社の年度を確定します。 Excel2003/2007/2010/2013 156ems.xls
VLOOKUP関数の検索値を変換させDataに対応/VLOOKUP関数の検索範囲の値が文字型のときは検索値も文字型である必要がありますが、「ASC」で検索値を囲っておけば数値入力でも、文字型として認識して値を取得できます。 Excel2003  157ems.xls
IF関数の代替数式で値取得。/IF関数の条件部分(論理式)に対応する数式を、(イコール)でTRUEかFALSEに置き換えて、求める値を取得できます。IF関数を使わないのでネスト(7つまで)の条件もクリアできます。  Excel2003  158ems.xls
Excel2007/2010/2013 383ems.xls
VLOOKUP関数をネストして特定Dataを取得する。/顧客コードをキーにして、「Aクラス」一覧表から「顧客名」を取得しますが、無い時は「Bクラス」の一覧から「顧客名」を取得するようにします。それでも対応するデータが無い時は空白になるようにします。 Excel2003/2007/2010/2013 163ems.xls
入力規則--INDIRECT関数を使ってリストの内容を変える。/選択に使用するリストを用意して、それぞれに範囲名定義します。「入力規則」を「リスト」選択にして、「元の値」の欄に可変する対象セルに対する「INDIRECT関数」を入力して終了です。 Excel2003 164ems.xls
集計関数--二つの条件でデータ集計/2 つの配列の対応する要素どうしを掛け算し、さらにその和を求める関数「SUMPRODUCT」を変則的に使い、選択条件と同じだったら集計させるように範囲にイコール条件を付加します。 Excel2003/2007/2010/2013 170ems.xls
COUNTA関数/あるセル範囲にデータが入っているセルの個数を表示したい場合は、「COUNTA」関数または「COUNTIF」関数を使用します。入力のチェックやデータ数の確認をする場合にぜひご利用下さい。 Excel2003/2007/2010/2013  176ems.xls
Address関数/条件によってデータを取り出したいセルの位置を変えたいけれどどうしたらよいのか、と思ったことはありませんか?そんな時は、「ADDRESS」関数を使用します。更にそのセル位置の値を取りたい時は「INDIRECT」関数と組合せて使用してみましょう。 Excel2003/2007/2010/2013  178ems.xls
リスト範囲の中にデータが何種類あるか調べる/リストの中に、何種類のデータが入っているのかを調べたいことはありませんか?そのような時に使える4つの方法をご紹介します。 Excel2003/2007/2010/2013  183ems.xls
A1のセルの内容を参照するとき/セルが空白のときに結果を0(ゼロ)にしたくない場合は 「=A1&""」 または 「=IF(A1="","",A1)」 という数式を利用します。 Excel2003/2007/2010/2013  191ems.xls
表の中から2つの条件に一致する値を求める方法/「#REF!」や「#N/A」などのエラー値になってしまうのを防ぐためには「IF関数」を使用しましょう。 Excel2003/2007/2010/2013  192ems.xls
表の中から2つの条件に一致する値を求める方法-その2/範囲名を使うのではなく、関数を利用して同じ結果を求める方法をご紹介します。 Excel2003/2007/2010/2013  193ems.xls
集計計算--セル位置取得関数でどこでも集計/自分のセル位置を取得する関数と、集計関数を組み合わせて、集計表の一番上と一番下に行を挿入されても、関数を修正することなく集計される、どこでも関数の説明です。 Excel2003/2007/2010/2013  203ems.xls
関数リンク値変更--数式リンクセル選択移動で簡単変更/数式の参照セルを修正するときに、書き直しではなくて、指し示すセルの枠を移動することで変更できる方法です。 Excel2003/2007/2010/2013  204ems.xls
住所を地名と番地に分けて表示@/字列内の数字の位置を抽出し、その位置の値で文字列を分けて表示する事ができます。この方法を使い、今回は住所を地名と番地に分ける方法をご紹介します。 Excel2003/2007/2010/2013  208ems.xls
住所を地名と番地に分けて表示A/@の方法を応用して、1つの数式内に全ての検索値を入れて、数字の位置の値を抽出する方法です。 Excel2003/2007/2010/2013  209ems.xls
整数の値と小数の値を別のセルに分ける/「ROUNDDOWN関数」と「SUBSTITUTE関数」を利用して、数値の整数の値と、小数点以下の値を、別のセルに取り出す方法をご紹介します。 Excel2003/2007/2010/2013  225ems.xls
生まれた年の干支を出す/指定した年の干支を、関数を利用して出す方法をご紹介します。干支を知りたい年がある場合、わざわざ調べなくても、今回の方法を使って出すことができます。  Excel2003 226ems.xls
Excel2007/2010/2013 420ems.xls 
指定文字を含むセルの件数を求める/データの一覧の中で、検索値がいくつあるか件数を数える方法のご紹介です。なお、データの一覧が入っている各セルには、複数の値が入っているので、COUNTIF関数ではできません。  Excel2003 090ems.xls
Excel2007/2010/2013 324ems.xls 
条件に一致するセルの平均値を求める/Excel2007から追加された「AVERAGEIF関数」をご紹介します。たくさんあるデータの中で「A支店だけの売上平均を知りたい」と思ったとき、Excel2003で は簡単に求める方法がありませんでしたが、Excel2007ではこの関数だけで計算できるようになりました。 Excel2007/2010/2013 260ems.xls
 Excel2007から追加された「AVERAGEIFS関数」/条件に一致する値の平均値を出したいとき、条件が1つなら「AVERAGEIF関数」で計算できますが条件が2つ以上ある場合は今回ご紹介する「AVERAGEIFS関数」を使って計算することができます。 Excel2007/2010/2013 429ems.xls 
複数の条件に合うデータの数を数える /表などで、ある複数の条件に合うデータの数を数えたい場合、Excel2007から追加された「COUNTIFS関数」が大変便利です。 Excel2007/2010/2013 427ems.xls 
入力した日付時点の消費税率を求める/ 2014年4月から消費税率が8%に引き上げられますが、Excelで消費税を求める数式を組み込む際、消費税率が変わるたびにExcelの数式を変更するのは大変です。日付からその時の消費税率を自動的に求める方法をご紹介します。 Excel2003/2007/2010/2013 428ems.xls 
Excel2013から追加された関数、数式を表示するのに便利な「FORMULATEXT関数」をご紹介します。指定したセルに入力されている数式を“文字列”としてシート上に表示させることができる関数になります。 Excel2013  434ems.xls 
複数の条件に一致したデータの値を計算する「D関数」/複数の条件に合致したデータのみを計算するD関数についてご紹介します。SUMIFなどと比べ複数の条件に対応することができる点がD関数の特徴です。 Excel2003/2007/2010/2013 435ems.xls 
指定された文字を指定回数繰り替えす関数「REPT関数」/指定された文字を指定した回数繰り返す関数「REPT関数」をご紹介します。この関数を利用すると数字の視覚化や固定長文字列を簡単に作成できます。 Excel2003/2007/2010/2013 436ems.xls 
WEBサービスをEXCELで利用する関数「WEB関数」@/Excel2013から新たに追加された「WEB関数」を紹介します。この関数とWEBで提供している機能を組み合わせると、WEBサイトからデータを抽出することができます。 Excel2013  437ems.xls 
WEBサービスをEXCELで利用する関数「WEB関数」A/437で紹介したWEB関数で利用した”配列数式”に注目し、エラー表示をさせない方法をご紹介します。 Excel2013  438ems.xls 
表示  セルに0を表示しない方法3種類/表を作成したとき、「0」を表示させたくないのに数式を設定したときに出てきてしまいます。今回はその邪魔な「0」を表示させない、3種類の方法をご紹介します。これらにの方法を駆使すると、よりあなたの意に沿った表を作り上げることができますよ。 Excel2003 012ems.xls
Excel2007/2010/2013 237ems.xls
ユーザー設定のビュー/画面の表示状態、もしくは印刷状態を保存するために使用します。この設定は、シートごとにする必要はなく、ブック内のすべてのシートで使用できます。 Excel2003 075ems.xls
Excel2007/2010/2013 309ems.xls
ステータスバー/Excelの一番下にあるステータスバーについてご紹介します。ステータスバーは、作業中の状況や計算結果といったものが表示され、一目で確認できる優れた機能です。 Excel2003 096ems.xls
Excel2007/2010/2013 329ems.xls
ツールバーの情報を、他のPCのExcelでもそのまま引き継ぐことができる方法/Excelがインストールされているドライブで「.xlb」を検索してください。このファイルを指定の場所にコピーするだけで、オリジナルで作成したツールバーの情報を引き継ぐことができます。 Excel2003  136ems.xls
ブック内にシートがたくさんあった場合、シートを選択するのは大変ですよね。そんな時は、ブック内のシートを一覧で表示することで、簡単に選択できます。  Excel2003  167ems.xls
Excel2007/2010/2013 389ems.xls
ツールバーのボタンイメージの設定・変更/ユーザー設定からオリジナルのツールバーを作成する方法を以前にご紹介しました。今回はツールバーの表示方法の変更方法をご紹介します。ボタンの絵を自分好みに変えたり、文字だけのボタンにイメージを割り当てることも可能です。 Excel2003  215ems.xls
ページレイアウトビュー/Excel2007からの新機能をご紹介します。印刷する前に「文字がセルに収まっているか」「意図しないところで改ページされていないか」等を確認したいときに便利な機能です。この機能を使いこなせば印刷/プレビュー した後に再びレイアウトを修正する、という手間が省けます。 Excel2007/2010/2013  250ems.xls 
基本   マルチシート活用/複数のシートを上手に使う、これがExcelを使用する上でのとても重要なポイントになります。シートの挿入や削除、ブック間でもシートの移動やコピーは簡単にできます。上手にシートを活用すれば、串刺し計算をして集計表を作成できます。 Excel2003 018ems.xls
Excel2007/2010/2013 243ems.xls
マルチシートについて/Excelは、セルを最小単位に、セルの集合体が(ワーク)シート、シートの集合体が(ワーク)ブックとなっています。これら各々の特徴についてのご紹介します。 Excel2003 070ems.xls
Excel2007/2010/2013 304ems.xls
ファイル名とフォルダについて/ファイル名とフォルダについてのご紹介です。 Excel2003 071ems.xls
Excel2007/2010/2013 305ems.xls
データのリンクの構造/Excelでは、任意のセルへリンクするだけでなく、オブジェクトに任意のセルへリンクさせたり、指定した範囲をカメラ機能によってリンクさせることができます。また、外部データとのリンクやハイパーリンクにて外部のファイルなどともリンクできます。 Excel2003 072ems.xls
Excel2007/2010/2013 306ems.xls
シート・セルの表現方法/シートやセルにちょっとした工夫を入れることで、Excelでの表現力をアップさせる方法です。 Excel2003 073ems.xls
Excel2007/2010/2013 307ems.xls
記号の読み方/Excelを利用する上で、いろいろな記号が出てきます。記号の読み方と簡単な利用例等をご紹介します。 Excel2003 100ems.xls
Excel2007/2010/2013 332ems.xls
341ems.xls 
ショートカット  Excelでは、コピーや貼り付けといった作業をよく使います。これらの作業を、マウスを使わずキーボードで行う方法のご紹介です。この機能はWindowsの標準的なショートカットキーなので、多くのソフトで使用できます。同じデータを何回も入力するのは嫌いな方用です!切り取り/コピー/貼り付けそして上書き保存についてのショートカットキーのご紹介です。 Excel2003 020ems.xls
Excel2007/2010/2013 245ems.xls
Excelで使うショートカットキーの中から、これらはぜひ知っておくとキー操作をよりしやすくなると思われるものをピックアップしました。今回ご紹介するショートカットキーは、メニューにあるもの、選択セルをアクティブにする、セル内改行をする、そして文字を太字/斜体/下線にするとなっています。 Excel2003 076ems.xls
Excel2007/2010/2013 311ems.xls
「Ctrl」と「Shift」キーの使い方/複数セルへ一度に同じ値を入力する方法、連続しない複数セルを選択する方法、最終行/最終列へのジャンプ方法 Excel2003 085ems.xls
Excel2007/2010/2013 320ems.xls
「Ctrl」と「Shift」キーの使い方2/「PageUp」キー、「PageDown」キー、「Home」キー、そして「End」キーを一緒に使ったショートカットキーのご紹介 Excel2003 086ems.xls
Excel2007/2010/2013 321ems.xls
Excelで使えるショートカット一覧/Excelで使用できるショートカットキーで代表的なものに「Ctrl+C」「Ctrl+V」「Ctrl+X」などがありますが、その他にもたくさんあります。今回はその一覧をご紹介します。この中から普段の業務で使えそうなものを活用してみてはいかがでしょうか? Excel2003  188ems.xls
Excel2007/2010/2013 402ems.xls
オブジェクト    Excelの図形作成機能であるオートシェイプには、四角や円だけでなく、矢印や星型、吹き出しなどといったものがあります。これらに文字を書き込んだりいろいろ使えます。複数のオフ゛シ゛ェクトを組み合わせて、あなたの表現力をアップ。Excelはデザイン自由自在です。 Excel2003 026ems.xls
Excel2007/2010/2013 253ems.xls
図形描画/ワードアート/文字を立体的に見せる/ワードアートにさらに一工夫加えて、立体的に見せる方法をご紹介します。表のタイトルなど目立たせたい部分にこの方法を利用して、立体的な文字を作成してみてはいかがでしょうか。  Excel2003  130ems.xls
Excel2007/2010/2013 368ems.xls
図形を利用して捺印フォームを作成/出力帳票の検査印/承認印等の場所をテキストで作成して、セルの行列サイズや変化に関係なくしておきましょう。オートシェイプから必要な図形を選んで作成し、帳票にあった形に編集します。最終的には図形のグループ化を実行し、ひとつのオブジェクトにしておきます。 Excel2003  144ems.xls
Excel2007/2010/2013 378ems.xls
図形の調整--位置合わせ設定で整然と配置します。/「図形の調整」の「位置合わせ」にある「グリッド」と「図形」を設定することで、画面作成時のテキストや図形、もしくはマクロボタンの設定位置を整然と決められます。  Excel2003  165ems.xls
Excel2007/2010/2013 387ems.xls
図形描画--ワードアート セルにリンクする/ワードアートは文字を視覚的に表現するものとして、非常に役立ちます。そのワードアートの文字(テキスト)を、セルにリンクさせることが出来るのはご存知ですか?その方法をご紹介します。  Excel2003  184ems.xls
Excel2007/2010/2013 399ems.xls
余白を指定/オブジェクト(オートシェイプ)に文字を入れた時、文字周りの余白を狭くしたり広くしたいと思ったことはありませんか?スペースを入れたりフォントサイズを変えることで対応することもできますが、余白を設定する方法をご紹介します。  Excel2003  187ems.xls
Excel2007/2010/2013 401ems.xls
オリジナルワードアートの作成/[ワードアートの挿入]と[影付きスタイル]を併用して、より立体的なオリジナルワードアートの作成をします。 Excel2003  200ems.xls
オートシェイプ--[コネクタ]を使って図面作成/[オートシェイプ]の[コネクタ](連結)を使って、作成図面のオブジェクトの移動を自在にできるようにします。 Excel2003  202ems.xls
Excel2007/2010/2013 407ems.xls
オブジェクトのコピー・貼り付け/オブジェクト(オートシェイプ)のコピー・貼り付けをするときに、コピー元と左位置または上位置を揃えながらコピーを行う方法をご紹介します。  Excel2003  205ems.xls
Excel2007/2010/2013 408ems.xls
セルに合わせて移動・サイズ変更/オブジェクト(オートシェイプ)をセルに合わせて移動したり、サイズを変更する方法をご紹介します。  Excel2003  206ems.xls
Excel2007/2010/2013 409ems.xls
画像の任意の色を「透明な色に設定」して表示/画像の任意の色を透明にする事により、画像の下にあるセルや図形等を表示できる方法をご紹介します。この方法を使って、印鑑が押された書類等を作成してみてはいかがですか。  Excel2003  207ems.xls
Excel2007/2010/2013 410ems.xls
文字数に合わせてオブジェクトの大きさを自動調整/テキストを表示させるオブジェクトの大きさを、入力した文字数に合わせて自動で変わるように設定する事ができます。セルにリンクしている場合など、セル内の文章量に合わせてオブジェクトの大きさを調整する手間が省けます。  Excel2003  212ems.xls
Excel2007/2010/2013 413ems.xls
複数のオブジェクトをまとめて選択 /複数のオブジェクトを選択する場合、一つ一つを選択していくのは非常に面倒です。これらをまとめて選択できる[オブジェクトの選択]ボタンをご紹介します。なお、関連して[グループ化]、[グループ解除]、「再グループ化」ボタンをご紹介します。   Excel2007/2010/2013  354ems.xls 
フォーム 複数の選択肢から値を選択する、このようなことをしたい場合には、オプションボタンを使用します。IF関数等との組み合わせで、選択された値を別セルに表示させ、前回ご紹介したコンボボックス同様、本格的なプログラムの第一歩となります。 Excel2003 028ems.xls
Excel2007/2010/2013 257ems.xls
オプションボタンは、複数の選択肢の中から一つ選択する場合に使うものでしたが、チェックボックスは、複数の選択肢の中から2つ以上の条件を選択する場合に使います。これらをうまく使い分けましょう。 Excel2003 029ems.xls
Excel2007/2010/2013 259ems.xls
グループボックスは、オプションボタンやチェックボックスなど、関連するコントロールをグループ化する枠線およびラベルです。簡単な上便利な機能です。 Excel2003 030ems.xls
Excel2007/2010/2013 261ems.xls
数字を、ボタンにて増減させる機能がExcelにあることを、皆さんはご存知ですか?それが「スピンボタン」です。特に年や月といったものは、この機能を使うと値の選択がとてもかっこよく、楽になります。 Excel2003 031ems.xls
Excel2007/2010/2013 267ems.xls
データ       フィルタオプションの設定/データの中から指定した条件の値を抽出し、絞込みし、表示する方法のご紹介です。抽出データの条件設定は、複数の設定ができます。その複数の条件設定は、「なおかつ」(AND)と「または」(OR)のどちらでもOKです。 Excel2003 034ems.xls
Excel2007/2010/2013 271ems.xls
328ems.xls 
外部のデータをExcelに取り込む方法の第1弾としまして、データベースのデータを取り込む方法をご紹介します。データベースのデータを取り込み、そのデータをExcelで分析する。そんなときにぜひご活用ください。 Excel2003 048ems.xls
Excel2007/2010/2013 285ems.xls
CSVデータの取り込み/CSV形式で保存されている受注データをExcelにインポートし、そのデータを参照して、得意先ごとの受注金額合計が表示されるようなシステムを作成します。外部データを取り込む方法のご紹介の第2弾となります。 Excel2003 050ems.xls
Excel2007/2010/2013 286ems.xls
ピボットテーブル作成入門編/受注データ等のデータをクロス集計する場合、Excelのピボットテーブル機能を使います。行/列の入れ替えや、データをフィルタにかけたりすることもでき、関心のある範囲の詳細を表示したりすることができる機能です。 Excel2003 052ems.xls
ピボットテーブル作成-1/今回から全4回に分けて、「ピボットテーブル」の便利な機能や、様々な分析方法などをお伝えしていきます。今回は基本的なピボットテーブル作成手順をご紹介します。  Excel2007 263ems.xls 
Excel2010/2013 334ems.xls 
ピボットテーブル作成-2/「ピボットテーブル」の便利な機能や、様々な分析方法などをお伝えするシリーズの第2回目です。今回は「OLAPツール」としてのピボットテーブル活用についてと、ピボットテーブルのデザインタブをご紹介致します。 Excel2007 264ems.xls
Excel2010/2013 336ems.xls
ピボットテーブル作成-3/「ピボットテーブル」の便利な機能や、様々な分析方法などをお伝えするシリーズの第3回目です。今回は、ピボットテーブルを利用した「ドリルダウン」についてご紹介致します。 Excel2007 265ems.xls 
Excel2010/2013 337ems.xls
ピボットテーブル作成-4/「ピボットテーブル」の便利な機能や、様々な分析方法などをお伝えするシリーズの第4回目です。今回は、ピボットテーブルを利用した「スライス&ダイス」についてご紹介致します。  Excel2007 266ems.xls 
Excel2010/2013 338ems.xls  
ピボットテーブル作成-番外編/「ピボットテーブル」の便利な機能や、様々な分析方法などをお伝えするシリーズの番外編です。今回は、ピボットテーブルをより便利に使うための機能の中で、「単位の変更」、「ピボットテーブル内のエラーの消し方」、「異常値の検出」についてご紹介致します。  Excel2010/2013  339ems.xls 
ピボットテーブル作成-番外編2/「ピボットテーブル」の便利な機能や、様々な分析方法などをお伝えするシリーズの番外編第2弾です。前回に引き続き、ピボットテーブルをより便利に使うための機能の中で、「比率の出し方」、「達成率の出し方」についてご紹介致します。  Excel2010/2013  340ems.xls  
データ--ピボットテーブル--[ページの表示]/ピボットテーブルの [ページの表示] を利用すると、項目内の内容ごとに、ピボットテーブルが入ったシートを作成することができます。  Excel2003  218ems.xls
Excel2007/2010/2013 414ems.xls 
コンボボックスとフィルタオプションを使ったデータ抽出/年月日をコンボボックスで選択する仕組みのご紹介です。更に、フィルタオプションを使い選択した年月日のデータを抽出します。関数を使い6/31などのありえない月日は表示されません。使用している関数は、それぞれにコメントとして参照できます。 Excel2003 061ems.xls
Excel2007/2010/2013 295ems.xls
集計/リストから小計や総計を自動的に計算し、挿入してくれる機能です。また、画面左側にアウトラインが表示され、それぞれがワンボタンで参照することができます。  Excel2003 081ems.xls
Excel2007/2010/2013 316ems.xls 
フィルタオプションに設定する検索条件の例/034でご紹介したフィルタの機能にて、条件が「空白」もしくは「空白以外」のデータを抽出する方法のご紹介です。 Excel2003  095ems.xls
オートフィルタ/この機能は、リストの中から必要なデータだけを絞りこむことができる機能です。しかもその設定は容易に行うことができ、素早く抽出できることが特徴です。 Excel2003 104ems.xls
Excel2007/2010/2013  252ems.xls
344ems.xls 
区切り位置/一つのセルに表示されている、取引先番号と取引先名を別々のセルに表示したい。そのような時、この機能で、取引先番号と取引先名を別々のセルに分けることが出来ます。 Excel2003 111ems.xls
Excel2007/2010/2013 351ems.xls
統合/複数の表をひとまとめにしたい時、串刺し計算を使いますが、セル位置や項目名が異なると使えません。そこで、今回ご紹介する統合の機能を使えば、セル位置や項目名が異なっている場合でも、複数の表を統合することができます。  Excel2003  116ems.xls
Excel2007/2010/2013 355ems.xls
入力規則とウィンドウ枠の固定を併用した際の問題点/Excel97ではウィンドウ枠の固定を行った際に、入力規則のドロップダウンリストボックスが表示されない現象が起こります。また、ウィンドウ枠の固定を行った後行の非表示を行うと、罫線が消えてしまう現象が起こります。 Excel2003  122ems.xls
作成したデータベースデータを検索/集計する 前編/データベースにあるデータをExcelに取り込み、そのデータを元に検索や集計する方法についてご紹介します。前編となる今回は、検索や集計の条件にあった元となるデータベースデータの作成方法についてご紹介します。  Excel2003  125ems.xls
Excel2007/2010/2013 363ems.xls
作成したデータベースデータを検索/集計する 後編/データベースにあるデータを[データ]→[外部データの取り込み]→[新しいデータベースクエリ]で取り込みます。取り込んだデータは、VLOOKUP関数で検索が、SUMIF関数で集計をすることができます。  Excel2003  126ems.xls
Excel2007/2010/2013 364ems.xls
入力規則--15分単位の入力チェック/Excelの入力規則機能を使い、時間の入力を15分単位でしか入力できないように設定する方法をご紹介します。ポイントは、MOD関数を使った式を設定することです。  Excel2003  135ems.xls
Excel2007/2010/2013 373ems.xls
「フィルタオプションの設定」で複合検索/「検索条件範囲」設定で、項目全てを表状にして求める条件を項目全てに割り当てて実行します。  Excel2003   155ems.xls
Excel2007/2010/2013 382ems.xls
思ったとおりに並べ替え/データの並べ替えといえば、通常は 昇順・降順 のどちらかですが、例えば、データを都道府県の北から順番に並べ替えたいと思ったことはありませんか?自分の思ったとおりの順番でデータを並べ替える方法をご紹介します。  Excel2003 172ems.xls
Excel2007/2010/2013 392ems.xls
入力規則--セル選択時にメッセージを表示する/Excelの入力規則機能は、過去にも何度かご紹介してきましたが、「入力時メッセージ」を設定できるのをご存知でしょうか?セルを選択したときに、入力に関するメモを表示することができます。入力ミスを防ぎたいとき等にぜひお使い下さい。  Excel2003  173ems.xls
Excel2007/2010/2013 393ems.xls
実はExcelのバージョンによってフィルタの結果が違う/異なるバージョンでも結果を同じにするには、「=」等の符号や、「?」「*」を使用して検索条件を作成します。 Excel2003  190ems.xls
区切り位置を使ってデータ形式を変換する/日付を[20070301]のように数字だけで入力すると、数値データとしてExcelに認識されてしまい、日付の書式設定などが行えません。そこで「区切り位置」を利用して、数値データを日付のデータ形式に変換する方法をご紹介します。  Excel2003  210ems.xls
Excel2007/2010/2013 411ems.xls
入力規則--セル選択時に入力モードを切り替える/入力したいデータの種類が、セルによって「半角英数字」「全角ひらがな」などと異なる場合に、あらかじめセルに入力モードを設定して、自動的に入力モードの状態を切り替える方法をご紹介します。 Excel2003 211ems.xls
Excel2007/2010/2013 412ems.xls
重複の削除/Excel2007から追加された「重複の削除」機能をご紹介します。 複数の項目において、内容が重複しているデータを削除したい場合などに便利です。 Excel2007/2010/2013  258ems.xls 
Excel2013から追加された「フラッシュ フィル」機能をご紹介します。この機能は、規則的なデータの一部を切り出したり、まとめたりすることができます。  Excel2013  431ems.xls 
Excel2013から追加された「クイック分析ツール」機能をご紹介します。「クイック分析ツール」を使えばリボンなどの操作をせずに一覧から選択するだけで、データの分析に役立つ書式やグラフ、テーブルなどを設定することができます。 Excel2013  432ems.xls 
Excel2013から追加された「タイムライン」機能をご紹介します。ピボットテーブル等のデータを日付で絞り込みたい場合にタイムラインを利用すると、クリックやドラッグ操作で素早く指定することができます。 Excel2013  433ems.xls 
ウインドウ  ウィンドウ枠の固定は、シートの上部ウィンドウ枠、左部ウィンドウ枠、またはその両方を固定することができる機能です。メニュー画面をスクロールできないようにしたり、スピンボタン等の選択箇所を固定でき、画面表示をより見やすくできます。 Excel2003 035ems.xls
Excel2007/2010/2013 272ems.xls
新しいウィンドウを開く/ブック内に複数のシートがある場合、通常はその中の1つのシートしか見れませんが、2つのシートを同時に見たい、ということはありませんか?そのような時に使用するのが「新しいウィンドウを開く」という機能です。  Excel2003  181ems.xls
Excel2007/2010/2013 397ems.xls
並べて比較/同じような内容のブック(Excelファイル)が複数あるときに、そのブックを横または縦に並べて内容を比較したい、と思ったことはありませんか?そのような場合に便利なのが今回ご紹介する「並べて比較」という機能です。  Excel2003  182ems.xls
Excel2007/2010/2013 398ems.xls
ツール   Excelの表示画面や入力は、より細かく制御することができます。例えば、作成したファイルは左右へ動かす必要がない場合は、水平スクロールバーを非表示にすると、より見やすいファイルのなることがあります。ツールのオプションの設定のご紹介です。 Excel2003 036ems.xls
Excel2007/2010/2013 273ems.xls
ツールバーのユーザー設定/オリジナルのツールバーを作り、よりあなたのExcelを使いやすくしませんか?よく使うコマンドをまとめたツールバーを作るだけでも、Excelを使った業務がはかどります!今回は、ツールバーをあなたの仕様にする方法のご紹介です。 Excel2003 056ems.xls
Excel2007/2010/2013 290ems.xls
オススメのオリジナルツールバー/通常表示されるツールバーにはないけど、追加したらとても便利なコマンドがあります。これらのコマンドを使用すると、シートや行列やセルの挿入、セルの結合と解除、シートの保護と解除がワンボタンでできます。 Excel2003  091ems.xls
ツールバーをブックに添付する/作成したユーザー設定のツールバーをブックに添付して、他のパソコンでも使用できるようにする方法のご紹介です。自分の作ったツールバーを他の人に使ってもらいたい時など、ブックを送って開いてもらえば、ツールバーを使ってもらえる事ができます。 Excel2003  222ems.xls
ゴールシーク/数式の計算結果が目的の値となるように、最適値を求める方法です。例えば、「今月の売上金額目標を設定した時、1日平均の客数は何人になるのか?」ということを簡単に求めることができます。 Excel2003 112ems.xls
Excel2007/2010/2013 350ems.xls
二つのオブジェクトの選択の違い/複数のオブジェクトを選択する場合、一つ一つを選択していくのは、非常に面倒です。そこで、これらをまとめて選択できる[オブジェクトの選択]ボタンをご紹介します。なお、このボタンには少し機能が異なる二つの種類がありますので、この違いもご紹介します。 Excel2003  115ems.xls
Excel2002の保護の種類/Excel2002では保護の機能が強化されて、保護を行う際いろいろな細かい設定を行うことができるようになりました。そこで、今回は「保護の設定でこんなことができるんだ。」といったような便利な機能をご紹介します。 Excel2003  121ems.xls
スペルの自動修正機能を無効にする方法/例えば「monday」と入力したのに「Monday」になってしまう。このように、入力したい文字が自動的に修正されExcel2003てしまい、入力できないなんて経験はありませんか?  Excel2003  123ems.xls
Excel2007/2010/2013 361ems.xls
バックアップファイルの作成と自動保存/「上書き保存をしたが保存前の状態に戻したい。」そんな時は、上書き保存する前にバックアップファイルを作成しましょう。また、「強制終了などのエラーで作成したものが消えてしまった。」そんな時は、こまめに上書き保存する自動保存がお勧めです。  Excel2003  128ems.xls
Excel2007/2010/2013 366ems.xls
書式のコピー/貼り付け/Excelのツールバーの「書式のコピー/貼り付け」ツールを2通りに使い分けます。単発でコピーするときもありますが、ツールをダブルクリックするだけで離れたセルも連続的に書式変更できます。  Excel2003  137ems.xls
Excel2007/2010/2013 374ems.xls
オプション--「ゼロ値」を非表示にする。/「ツール」の「オプション」から「表示」タブ、「ゼロ値」のチェックを調整して、「0」表示/非表示をコントロールします。  Excel2003  171ems.xls
Excel2007/2010/2013 391ems.xls
オートコレクトオプションの設定/セルにメールアドレスやURLを入力すると、自動的にハイパーリンクへ変更され困ることがありますよね。Office2002から、そのようなときは、リンクへ変更されないように設定することができるようになりました。  Excel2003  180ems.xls
Excel2007/2010/2013 396ems.xls
オプションの設定--「表示」/ツール内にある [オプション] から、Excel の作業環境を変更することができます。基本的な設定から意外と知らない設定まで、この機会に覚えてみてはいかがでしょう?「表示」タブ内の設定についてご紹介します。  Excel2003  213ems.xls
Excel2007/2010/2013 424ems.xls
オプションの設定--編集/「編集」タブ内の設定についてご紹介します。こちらの設定項目は全て、シートやファイル単位ではなく、Excel全体に対して適用されます。  Excel2003  214ems.xls
オプションの詳細設定@-編集設定/Excel2007から各設定項目の配置が大幅に変わりました。今回は「編集設定」の各設定項目をご紹介しますので、  Excel2007/2010/2013 423ems.xls
シート保護の種類/シート保護を行う際の設定で、入力可能なセル範囲内のみ移動を可能にする方法、オートフィルタの使用を可能にする方法、セルの[保護]の[ロック]を解除しなくても入力を可能にする方法 Excel2007/2010/2013 360ems.xls
リボンのカスタマイズ /Excel2010から、自由にリボンをカスタマイズできるようになりました。リボン内のタブやグループの位置を変更したり、オリジナルのタブを作ることもできます。 Excel2010/2013  426ems.xls 
ツール−マクロ   新しいマクロの記録」ということで、皆さんをプログラミングの入り口へとご案内します。定型業務を自動化することにより、作業効率をアップさせることができますよ。まずはマクロを記録することから、一緒に始めてみましょう。 Excel2003  051ems.xls
セキュリティー/皆さんは、Excelセキュリティーレベルって意識されたことがありますか?ウイルス等を考慮して、マクロとセキュリティーのバランスを考えながら設定しましょう。 Excel2003  134ems.xls
Excel2007/2010/2013 372ems.xls
ダイアログ  オリジナルのダイアログの作成方法/MS Excel 5.0ダイアログは、既に台紙が出来上がっているので、オプションボタンなどを貼り付けて、それらに機能を持たせることでダイアログを作成することができます。シート見出し上で右クリック→[挿入]→[標準]→[MS Excel 5.0ダイアログ]を選択します。フォ−ムツールバーにあるオプションボタンなどを貼り付け、それぞれに機能を登録することで、オリジナルのダイアログができ上がります。 Excel2003 068ems.xls
Excel2007/2010/2013 302ems.xls
設定ーファイルを開くダイアログにオリジナルを追加/ファイルを開くのダイアログにオリジナルのフォルダを設定して、自分のフォルダを便利に使えるようにします。  Excel2003  196ems.xls
Excel2007/2010/2013 421ems.xls
ワークシート  Excel2002 ヘッダー・フッターに図を挿入する/印刷する際にヘッダー・フッターに会社のロゴマークなどの図を挿入したい。そこで、Excel2002より新たにヘッダー・フッターの設定項目に[図の挿入]ボタンが追加されました。このボタンで、ヘッダー・フッターに図の挿入を行うことができます。  Excel2003  124ems.xls
Excel2007/2010/2013 362ems.xls
挿入   結合セルを含む名前の定義 /例えば見積書を作成する際、入力項目を毎回選択し、削除して新たに作成するというのは手間がかかります。このような時には、入力セルの範囲に定義名を付けておくことで、名前を選択するだけで入力項目を一括選択できるので、手間が省けます。  Excel2003  129ems.xls
Excel2007/2010/2013 367ems.xls
組織図がセルにリンクできるようになりました(Excel2002〜)。そのおかげで組織変更等の処理が、社員名簿等で一元管理できます。煩雑な表の書き換えをしなくても、一括制御が可能です。 Excel2003 138ems.xls
データの抽出や計算を効率的に/Excel2007から追加された「テーブル」機能をご紹介します。Excel2003の「リスト」に当たる機能ですが、Excel2007ではより使いやすく機能が拡張されました。 Excel2007/2010/2013 268ems.xls
テンプレート  Excelのセルが、あたかも棒グラフのように見える方法のご紹介です。例として、プロジェクトの予定管理表のテンプレートをご用意しました。選択された年月に合わせて日程のグラフが変化、画面内ですべて表示でき、一目で状況が分かる管理表です。 Excel2003  049ems.xls
セルにパスワードを入力する/Excelシートを活用する簡易的なパスワード入力画面のご紹介です。Excelの関数を活用するだけで、プログラムを書く必要も無く、パスワードチェックができます。  Excel2003  058ems.xls
Excel2007/2010/2013 292ems.xls
VLOOKUP関数応用編/VLOOKUP関数はとても便利で、システム化には必要不可欠な関数です。シートの行がレコードでレコード全体がデータベースです。このテンプレートは得意先の検索画面です。得意先が一覧より選択できるようになっており、選択した得意先の「部署」、「担当者名」、「住所」、「TEL」、「FAX」が連動して表示されます。関数が使われているセルには、全てコメントが表示されるようになっています。 Excel2003 066ems.xls
Excel2007/2010/2013 300ems.xls
可変データを参照する管理表/検索項目が可変し、それに対応する形で、検索結果が表示される表です。 Excel2003 074ems.xls
Excel2007/2010/2013 308ems.xls
期間管理用シート/年月日をそれぞれ一覧から選択できるテンプレートをご紹介します。年は今年から過去10年分の中から選択でき、月と日はファイルを開いたときに今日の月日が表示されるようになっています。 Excel2003 092ems.xls
Excel2007/2010/2013 325ems.xls
重複入力のチェック/重複入力を制御したものです。具体的には、既に入力してある商品名を、さらに入力しようとすると、エラーメッセージが表示されて入力できないようになっています。 Excel2003 098ems.xls
Excel2007/2010/2013 310ems.xls
差し込み印刷/注文コードを一覧より選択すると、そのコードの注文書が表示されるものです。全てVLOOKUP関数を使って該当データを検索し、表示しています。なお、「品名・摘要」、「数量」、「単価」の検索は、受注コードとNOに「@」をはさむ行を作成し、検索できるようにしています(「@」は区切り文字として使用しています)。 Excel2003 101ems.xls
Excel2007/2010/2013 333ems.xls
検索と集計/2種類のテンプレートをご紹介します。一つ目は、名前を一覧より選択すると、その名前に一致した社員データが表示されるテンプレートです。二つ目は、部署を一覧から選択すると、その部署の売上を集計するテンプレートです。  Excel2003  127ems.xls
Excel2007/2010/2013 365ems.xls
入力と印刷/シート/入力用シートと印刷用シートをリンクさせる/表を印刷した時、1ページに収まらないことありますよね。今回は、入力と印刷を別々のシートで行うテンプレートのご紹介です。用途に合わせた別々のシートを作成することで、入力と印刷それぞれに合った表示をすることができます。  Excel2003  131ems.xls
Excel2007/2010/2013 369ems.xls
グラフ   グラフ作成 入門編/メニューバーの「挿入」→「グラフ」を選択し、グラフの種類や元となるデータの範囲などを指定していき、グラフの出力先を決定して完成です。  Excel2003  189ems.xls
Excel2010ではグラフがより簡単に作れるようになりました。このメールサービスではExcel2010でのグラフの作り方の入門編をご紹介します。  Excel2007/2010/2013 403ems.xls
グラフの書式変更/書式設定画面から、色や線種など、グラフの書式を変更する方法です。見た目に変化をつけて、自分好みのグラフを作ってみませんか?  Excel2003  219ems.xls
Excel2007/2010/2013 415ems.xls
「おすすめグラフ」機能のご紹介/Excel2013では利用しているデータに適したグラフを簡単に選択できる「おすすめグラフ」機能が追加されました。この機能を使ったグラフの作り方をご紹介します。 Excel2013  430ems.xls
Excelの使い方  作成--リンク、印刷、図の挿入/マニュアルや資料を作成する上での三つのポイントを利用することで、作成と修正の手間と時間を大幅に省くことができます。そして、印刷に関しては環境に左右されません。作りやすく直しやすくすることで、使いやすくしましょう。 Excel2003  132ems.xls
Excel2007/2010/2013 370ems.xls
ブックのアイコンをクリック/メニューバーの [ファイル]メニューの左隣にある、ワークブックのアイコンをクリックしたことはありますか?クリックすることで現れる便利な機能があります。是非お使い下さい。  Excel2003  185ems.xls
Excel2007/2010/2013 400ems.xls
Excel2010に関する情報/Office2010が発売され、Excel2010をお使いの方も多いと思います。今回はExcel2010の新しい機能とExcel2007以前に作ったブックをExcel2010に変換する時の注意点などについてご紹介します。 Excel2010 359ems.xls


お問合せフォーム